閉じる

簡単な登録(無料)で、どなたでも和歌をご披露いただけます

Connect with us

山鳥の 声だにもせぬ 独り寝は 置ける身もなく 床の月霜

詞書

秋の独り寝を詠める
本歌「独りぬる 山鳥の尾の しだり尾に 霜置きまよふ 床の月影」(藤原定家)

2016/12/08
...

この歌への返歌、唱和歌

返歌または唱和歌をどうぞ