閉じる

簡単な登録(無料)で、どなたでも和歌をご披露いただけます

Connect with us

紫陽花に まさらざりけり 悲しきは 身を知る雨の やみて散るぬる

詞書

「身を知る雨」が上がった後に散ってしまうなんて、そんな悲しいことある!?

2018/06/01
...

この歌への返歌、唱和歌

  1. 竹ぼうき 竹ぼうき より:

    紫陽花に白露むすぶ雨風やふりてもきえぬ玉をなさまし

  2. 竹ぼうき 竹ぼうき より:

    紫陽花のうつりてなほもいろあせぬなみだのあとに紅をさすごと

返歌または唱和歌をどうぞ