閉じる

簡単な登録(無料)で、どなたでも和歌をご披露いただけます

Connect with us

雪とのみ ふるだにあるを さくら花 寒し枝さえ 失す頭(かしら)かな

詞書

ただでさえ頭は雪がふったよう(白髪)なのに、そのうえ乏しかった枝(薄毛)までも消えてしまった

短連歌「雪とのみ ふるだにあるを さくら花(凡河内躬恒)」
本歌「春の日の ひかりにあたる 我なれど かしらの雪と なるぞわびしき(文屋康秀)」

2017/03/22
...

この歌への返歌、唱和歌

返歌または唱和歌をどうぞ