閉じる

簡単な登録(無料)で、どなたでも和歌をご披露いただけます

Connect with us

白露のこぼれてにほふたまゆらにふぢばかま咲く玉しきの野べ

詞書

秋の七草によせて
藤袴にほふ香ばかり思ひよるためらひけるもはばむるはなく
寂しかり吹きむすばるる白露をこぼしてかへす葛のうら風

2017/10/11
...

スイカズラです。ここには藤袴も葛も生息していないので、スイカズラでお許しください~。