閉じる

簡単な登録(無料)で、どなたでも和歌をご披露いただけます

Connect with us

ふるさとの梅がかをりをとどめましかれても袖にかげをしのばむ

詞書

「枯れ」と「離れ」を掛けています。

2018/02/28
...

この歌への返歌、唱和歌

  1. 竹ぼうき 竹ぼうき より:

    梅の香を風のたよりとまつ身さへかりそめのよの夢の浮橋
    ちらちらとむつの花咲く梅が枝に今宵しづけく衣をかへさむ
    いづこからはらとうなじに舞ひおちぬ雪や梅の香はこびつるかな

返歌または唱和歌をどうぞ