閉じる

簡単な登録(無料)で、どなたでも和歌をご披露いただけます

Connect with us

乱壊婆娑ゆふべの風にさやられて幽玄なれりさくら花なる

詞書

夕べの風に散るさくら花、晶子の歌の清水から祇園までの東山径を彷徨した幽玄の境。

2017/04/29